海上ボーリング調査の現状報告・山口県への厳重抗議と調査許可の撤回要請について

0

    本日14日(木)から中国電力(以下中電)が予定していた海上ボーリング調査は、
      荒天が予想されるために本日の作業は事前に中止となりました。

     

    8日(金)から昨日13日(水)にかけて、
      中電側が当初予定していた準備作業に関しても、
      祝島側の船が当該海域で漁に従事しているため、
      調査船は当該海域に来ても
      「調査をさせて頂きたい」
      などと祝島側の船に対して依頼するに留まり、
      断る回答を受けたのち、そのまま引き返している状況です。


     10日(日)、11日(月)、12日(火)には、
      中電側は当該海域に来る事自体を中止、もしくは最初から行なっていません。

     

    従って、当初に中電側が発表した準備作業の予定期間内では、
      当該海域での準備作業は本日14日の時点では、
      「準備作業自体を全く行えていない状況」
      です。

     

     

    引き続き、皆様にご報告です。


    今回の海上ボーリング調査と山口県側の許可に伴い11日(月)に、
      当会並びに原発に反対する上関町民の会は、
      山口県庁を訪れて村岡山口県知事に宛てた
      「上関原発予定地の海上ボーリング調査許可に対する厳重な抗議と海上ボーリング調査許可の撤回の要請」
      を行いました。

    (文書画像)
       
    https://bit.ly/2qSx0kM 
      (”地質調査の許可、撤回を県に要請” 共同通信 11.11)

     

    今回の抗議と撤回要請に対しての内容と、
      県側の回答は下記の書き起こしファイルもしくは下の画像をご参照下さい。
    https://bit.ly/2XciRet
      (pdfファイル)

     (画像)

     

    残念ながら先月30日の申し入れ時と同様に、
      当会が再三に渡り疑問を呈している
      「国が原発の新設を想定していないのに、何故海上ボーリング調査を行うのか」、
      「海上ボーリング調査に許可を出した法的根拠がどこにあるのか」、
      「同調査を行うにあたって申請時に必要である利害関係人の同意や補償などの対象者から、
      利害関係人である祝島側が当初から外されていたにも関らず、許可を出した根拠」
      などについても県側は、
      従来通りの回答なり、回答に窮して押し黙るなどといった状況であり、
      何ら当会側が納得の出来る説明や回答は出来ずに終始していたのが現状です。

     

    その際のやり取りに関しては、
      下記のリンクに掲載されている音声ファイルをご参照下さい。

     

    先月30日(水)に行った申し入れに続き、
      今回の抗議と要請時にも、
      熊本一規明治学院大名誉教授に同席して頂けました。

     

    その際の音声ファイルやレジュメ、資料などを熊本名誉教授がホームページに掲載して下さっているので、
      皆様もぜひ、ご覧下さい。
    http://www.kumamoto84.sakura.ne.jp/

    Kaminoseki/Kaminoseki.html
      (リンク下部の"2019年11月11日〜2019年11月13日"部分に掲載されています)

     

    先月30日の申し入れ時の対応と同様に、
      ずさんな審査で安易に許可を出した当事者でありながら山口県と県知事は、
      行政庁とその代表者としての責任や職務を放棄しているに等しいという事に、
      何ら変化がないのが改めて浮き彫りになりました。

     

     

    現時点では、
      海上ボーリング調査は皆様のご支援ご協力もあり、
      準備作業の開始予定当初から本日までの間には、
      当初中電側が予定していたであろう作業は全く進んでいませんが、
      予断を許さない状況には何ら変化はありません。

     

     

    今回の海上ボーリング調査並びに上関原発計画そのものを止めるためには、
      全国の皆様のご支援ご協力も不可欠です。

     

    引き続き、全国の皆様のご支援ご協力を重ねて、よろしくお願い致します。

     


    ボーリング調査に際してのプレスリリースと、山口県側のボーリング調査に対する見解

    0

       本日8日(金)、

      中国電力側が今月14日より予定しているボーリング調査に関して、

      当会としてプレスリリースを行いましたので、

      当ブログをご覧の皆様にもお知らせ致します。

       

       

       

       

       また、6日(水)に山口県は、

      中国電力からボーリング調査の日程報告を受けた際に、

      留意事項として

      「ボーリング調査の際、漁業者との事故やトラブルが起きないよう対処してほしい」

      と「口頭で」

      伝えたのを明らかにした、との事です。

       (11.7 山口新聞)

       

       

       事前に当会や他の皆様方から再三に渡って疑問を呈されていながら、

      「山口県としては、調査開始前に中国電力に注意はしておきましたよ。」

      という、形式的なアリバイ作りとしか捉えられず、

      ずさんな審査で許可を出した立場でありながら当事者意識が欠如したコメント内容を、

      村岡知事の定例会見の内容共々、

      皆様にもご覧になって頂きたいところです。

       

       知事記者会見録

      (令和元年11月6日実施分)

      ・書き起こし

       https://bit.ly/2CpavGJ

       の下部にあります

       

      ・youtube

       https://bit.ly/33unUsS

       の1:12:32〜最後までの1分58秒

       

       

       上関原発計画を止めるに当たっては、祝島島民や上関町民だけではなく、

      全国の皆様のご支援ご協力が不可欠です。

       

       皆様のご支援ご協力を重ねて、よろしくお願い致します。


      中国電力ボーリング調査に対する申し入れのご報告と、現在の状況をお知らせ致します。

      0

         10月30日(水)、

        上関原発計画に反対する当会と県内4団体で山口県庁を訪れ、
         村岡県知事に宛てた

        「上関原発計画予定地のボーリング調査申請の不許可を求める申し入れ」

        を、県エネルギー対策担当の河村理事に手渡しました。
         (画像は10.31付 中国新聞)

         

         その後、当方の申し入れ事項や質問事項に対するやり取りを、

        同席して頂いた現職・元職山口県議の皆さん、

        漁業法や漁業権の専門家である熊本明治学院大名誉教授方と共に、

        県側と約1時間超の時間に渡って行いました。

         

         しかし、県側の回答は

        「審査中であり、適切に審査する」、

        「民vs民の話であるので、県としては答える立場にない」

        といった、極めて紋切り型の回答に終始し、

        当方の

        「現場海域は、祝島の漁業者も漁業などを行っている場所だが、中国電力側とトラブルになった場合はどうするのか?」

        という質問に対しても、
         「仮定の話にはお答えできません」、

        「許可を出した後、事業者(中国電力)が民間の方とどう対応するかは事業者の責任」

        といった、

        行政庁としての監督指導責任を放棄するに等しい、

        非常に無責任かつ不誠実な回答に終始した状態でした。


         県側との話し合いの書き起しと音声ファイルは、

        熊本名誉教授のホームページに掲載されておりますので、ぜひ皆様もご覧になって下さい。

         http://www.kumamoto84.sakura.ne.jp/

         内の
           http://www.kumamoto84.sakura.ne.jp/

        Kaminoseki/Kaminoseki.html

        下部に
         ・2019年10月30日山口県交渉録音記録(書き起こし)

        ・2019年10月30日山口県交渉録音1

        ・2019年10月30日山口県交渉録音2

        ・2019年10月30日山口県交渉録音3
         で載っています。)

         

         

         申し入れの間と前後の時間、県庁前広場においては

        「ボーリング調査中止を求める緊急県庁前集会」

        が、当会会員並びに県内外からお集まり頂いた皆さんによって行われました。
          お集まり頂いた皆さん、大変お疲れ様でした。

         

         

         しかし、その翌日である31日(木)、

        山口県は中国電力に対して、

        海上ボーリング調査の海域占用許可を出しました。
         (画像は11.1付 中国新聞、山口新聞、朝日新聞、毎日新聞)

          

         

         前日の申し入れ時点では

        「審査中であり、適切に審査する」

        と私達に回答しておきながら、

        翌日に

        「適正に審査して、許可基準に適合しているので許可する」

        と、中国電力に対して許可を出すという、

        非常に不誠実極まりない話でもありますが、
         そもそも今回のボーリング調査に関しては、

        当会として以前から山口県並びに中国電力に対して再三、疑問を呈している点が全く解決されておりません。

         

         その、数ある疑問点の中でも1例を挙げますが、
         ・今回のボーリング調査の当該海域で自由漁業許可漁業を営む権利も有していて、

        かつ実際に行ってもいる山口県漁協祝島支店や所属組合員に対して、

        事前にも事後にも一切、

        当該海域でボーリング調査をするための許可を得ようとする働きかけが無かった
         →これに対しては、中国電力側の回答は

        「埋め立て工事はそこで漁業が出来なくなり

        損害を与えるので同意や補償が要るが、

        ボーリング調査は工事ではないのでその違いです

        (本年7月26日に、中国電力本社に申し入れをした際の中国電力側回答)」、

        「ボーリング調査は四代支店の同意を得たので問題ない」

         

         このような、非常に不誠実かつ不法な対応を取り続けている状況です。

         

         

         そのような状況で本日5日(火)、

        山口県漁協祝島支店の支店長に宛てて、

        中国電力は画像の文書を渡してきました。

           

         

         皆様もご覧になっていただければご理解いただけるかと思いますが、
         「調査期間・今月14日(木)〜2020年1月30日 

        準備作業期間・今月8日(金)〜13日(水)」

        というスケジュールで、あと数日しかない状況です。

         

         当会としては、このような極めて不誠実でいい加減かつ、

        無責任なプロセスによる中国電力と山口県の決定と、

        それによって行われるであろうボーリング調査を看過するつもりは

        「全くもって」

        ありません。

         

         再三、当ブログで皆様にお伝えして参りましたが、

        上関原発計画を止めるに当たっては、祝島島民や上関町民だけではなく、

        全国の皆様のご支援ご協力が不可欠です。

         

         今回の中国電力側の対応と県側の無責任な決定により、緊迫度が高まっている状況です。

         改めて、県内外の皆様のご支援ご協力を重ねて、重ねてよろしくお願いいたします。

         

         


        反原発デー県民集会

        0

           今月19日(土)、

          上関町室津において、

          4団体の主催と協賛により毎年共同開催している、

          反原発デー県民集会を今年も開催致しました。

           

           当会清水代表など各会代表による挨拶後、

          山口県議会議員の中嶋氏による特別報告、

          集会アピール採択などを行い、

          室津地区で参加者によるデモ行進を行いました。

           

           

          「上関原発 白紙撤回を 地元で250人県民集会」

           https://bit.ly/2MC5sZx 

          (10.20 山口新聞)

           

          「反原発訴え250人デモ行進 上関」

           https://bit.ly/2MC5lx5 

           (10.20 中国新聞)

           

           

           集会内でも述べられましたが、

          中国電力は着手が遅れていた海上ボーリング調査の許可申請を、

          8日(火)に山口県に対して行いました。

           

          「上関原発の海上ボーリング調査、着手遅れ 中国電力いまだ申請せず」

           https://bit.ly/2N5qoaf 

          (9.29 毎日新聞)

           

          「原発予定地の調査実施へ許可申請」 

           ”上関町で進められている原子力発電所の建設計画をめぐり、

          中国電力は、予定地近くの海上でのボーリング調査を実施するために必要な許可を、県に申請しました。” 

          (10.8 NHK山口、リンク切れ)

           

          「海上ボーリング調査難航の訳は?」

           http://blog.konaka.sunnyday.jp/?eid=494 

           (小中進ブログ)

           

           

           当ブログでも再三お伝えしてきましたように、

          上関原発建設計画は様々な箇所で少しずつ準備が進められており、

          全く予断を許さない状況は続いています。

           

           上関原発計画を阻止する為には、祝島島内上関町内に留まらず、

          山口県内外の皆様のお力が不可欠です。

           

           今後とも、皆様のご支援ご協力を、重ねてよろしくお願い致します。

           


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM