4800万円損害賠償請求訴訟の和解成立

0

     4800万円損害賠償請求訴訟の和解が成立しました。
     8月30日、山口地裁において、中国電力スラップ訴訟の和解が成立し、中国電力による2009年12月の提訴以来6年8か月に及ぶ訴訟が終了しました。成立した和解は中国電力が被告4人に対する損害賠償請求権を放棄し、将来、埋め立てが再開された場合には被告らの表現行為を尊重するというもので、勝訴判決に匹敵する和解でした。
     この間、この裁判に全国各地より多くの方々のご支援、ご協力をいただきましたことを心よりお礼を申し上げます。今回の勝利的和解の成果を踏まえ、上関原発建設計画を白紙撤回させるまで全力で戦い続けます。これまでと変わらぬご支援、ご協力を心からお願いいたします。

     

     以下に、報告集会会場で配布された和解内容の骨子を掲載します(2項の別紙は省略)。

     

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    和解内容の骨子 

                           2016.8.30被告ら弁護団

     

    1項
     名宛人;被告4名
     対 象;「平成20年10月22日許可の公有水面埋立免許」の施工区域
     条 件;中国電力が適法に工事を再開したとき
     禁止行為1;)楫鏤楾区域の陸域に立ち入ること(町道除く)
                  海上交通法三法に違反し、関係船舶(中国電力、工事受注者とその下請人)の航行を妨害すること
     禁止行為2;第三者に対し上記行為を積極的に促し、扇動すること

     

    2項
     名宛人;被告岡田さんのみ。工事再開後は、岡田さんも下記の行為をしない。
     禁止行為;13号仮処分(島民の会と清水、橋本、原ら39名が対象)の禁止行為
         ⇒別紙の海域へ漁船等を進入・係留すること、
          同水面において工事船舶や施設へ接近・接触・侵入すること等、
          中国電力による同海域の使用を妨害する一切の行為
          (※ちなみに、島民の会らは、違反すると一日500万円の間接強制)

     

    3項
     上記1項の禁止に違反したら、違反行為した被告は、連帯して一日100万円

     

    4項
     原告中国電力は、被告らに対する損害賠償請求債権を、いずれも放棄する。

     

    5項
     被告らが、1項、2項の不作為義務や、原告又はその関係者の権利または法律上保護された利益を侵害しない限り、被告らは自己の一切の表現行動について原告またはその関係者との関係において一切の制約を受けない。

     

    6項
     本件に関して、本和解条項に定める以外に債権・債務はない。

     

    7項
     訴訟費用は各自の負担。
                                    以上
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    埋め立て免許取り消し訴訟の現地視察の日程が決定しました。

    0
       「埋め立て免許取り消し訴訟」と、「自然の権利訴訟」の2件の訴訟において、裁判所が合同の現地視察を行う日が7月28日に決定しました。視察は原発予定地である田ノ浦はもちろん祝島でも行います。祝島では漁業をはじめとした私たち島民の生活、予定地田ノ浦と祝島の近さ、原発で事故が起きた際の非難の困難さなどについて、田ノ浦では自然の豊かさや貴重な動植物などについて主に訴えていく予定です。埋め立て免許を失効させることは上関原発計画の白紙撤回に大きくつながります。
      祝島島民の会
       

      裁判所と山口県を現地上関、田の浦、そして祝島に!埋め立て免許取り消し訴訟の公判のお知らせ

      0
         祝島の漁業者が山口県を訴えた埋立免許取り消し訴訟が重要な局面を迎えましたので、お知らせいたします。

        埋立免許取り消し訴訟
        期日:2016年3月3日(木)11:30〜 山口地裁
         ・傍聴希望者が多数の場合は抽選となりますので、30分前には山口地裁へお越しください
         ・公判後、報告集会を予定しています

         祝島の漁業者74名が上関原発計画にかかる埋め立て免許の取り消しを求めた「埋め立て免許取り消し訴訟」と、上関の自然を守る会を中心に地元住民および全国の有志、上関の貴重な生物が原告となって同じく免許の取り消しや失効を求めた「自然の権利訴訟」は、既に提訴から7年が経過しています。

         終盤にさしかかってきた現在、判決の前に裁判官や被告である山口県が現地である上関町、祝島、そして原発建設予定地に直接足を運び現地検証を行うことを双方の裁判で強く求めています。
         原告としては現地検証を通じて、原発建設予定地の自然の豊かさや祝島の近さ、そして祝島をはじめとした地元住民の生活と原発で事故が起きた際の避難の困難さなどについて、裁判所と山口県に肌で感じてもらいたいと考えています。

         現地検証を行うよう働きかけをはじめて約1年がたちますが、昨年にはその要請に賛同する署名を全国から募り、短い期間にかかわらず最終集計で6万筆を超える署名をいただき裁判所に提出することができました。
         そしてその後も粘り強く主張し続けた結果、ついに現地検証の実現が現実味を帯びてきました。
         判断が出るまでまだ予断は許しませんが、早ければ上記期日の公判において現地検証を行うことが決定する可能性があります。
         ぜひ多くの皆様の傍聴、報告集会へのご参加をお願いいたします。

        埋め立て免許取り消し訴訟開催のお知らせ

        0
           埋め立て免許取り消し訴訟のお知らせ
          日 時 : 3月3日(木)11時30分より
          場 所 : 山口地方裁判所
          原 告 : 祝島漁業者74名
          被 告 : 山口県

          自然の権利訴訟公判のお知らせ

          0
            上関自然の権利訴訟第24回公判のお知らせ
            日 時 : 2月17日(水)11時30分〜
            場 所 : 山口地方裁判所 
            集 合 : 傍聴券の配布や事前ミーティングが行われます。
            傍 聴 : 傍聴を希望される方は11時までにお越しください。
            報告集会: 公判終了後、報告集会を開催します。

             

            | 1/4PAGES | >>